カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

2009年1月〜2009年8月

平成21年元旦(2009年1月1日(木))

皆さん、明けましておめでとうございます。2009年も100年に1度の大不況の荒波の中での船出となりました。しかし、暗い話ばかりでなく明るく皆様をほんわかするような気持ちになっていただける日記を目指して書かせていただきます。今年のスローガンは、

『創意工夫』

です。何をするにも考えながら一呼吸置いて、唯流されるのではなく、何かを生み出す(作り出す)力を養いたいものです。今年の私は、当然失敗は恐れずに前進しますが、同じ前に進むにしても良く考えて物事を判断し有意義な前進にしたいと考えています。

お客様に喜んでいただけるには、

お客様のためになるには、

お客様と共に当店も繁栄させていただければと、日々創意工夫して行動して行きたいと考えています。

今日が仕事始めです(2009年1月5日(月))

当店も4日までお正月休みを頂いて今日から営業させていただいています。昨年、初めて正月用のお餅を注文されてお買い上げ頂いたお客様がご来店され、私の顔を見るなり、

『のし餅、おいしかった〜!!』

と一言、笑顔で言っていただけました。とってもありがたいことです。とってもうれしいです。とっても幸せな気分です。ありがとうございます。暮れの28日からのお餅つきの苦労と疲れが一度に吹き飛びました。そして、今年もお客様に喜んでいただけるお餅をついてお届けするぞ〜! ちょっと気が早いかな。まだ1年が始まったばかりなのに。でも、1年なんてあっという間に過ぎ去ってしまいます。1日1日を大切に過ごしたいですね。

  

  

買ってしまった!(2009年1月11日(日))

前々から欲しかったゴルフクラブをとうとう買ってしまった。

 ・アイアン:Callaway X-22(NS Pro950) #4 ~ #P,#S

 ・ウッド:Callaway Hyper ERC(Speed Axis)

・キャディバック:CGツアースペック(ブラック/パールオレンジ)

 ・パター:White Hot XG #1

一気に勢いで手に入れました。

このクラブを選んだ訳は、堅実なゴルフでそれなりのスコアをキープできそうな感じがしたからです。友人Mさん、セミプロあがりのI野さんの助言などで今の私にあったクラブだと思います。早くこのクラブに慣れなければ。。。

 

仕事で体を動かしているつもりでもこの動きは体を労わる運動ではなく今は体がボロボロの状態です。

一昨年、11月中旬、寒くなりかけた頃、体を酷使しすぎてその年年内ず〜っと接骨院通いになってしまい、車の乗り降りもままならない状態でした。年末の売り出し、我が家の一大イベント正月用お餅つきと、それはそれは大変でした。その轍を踏まぬよう昨年はゆっくりゆっくり動いて体を労わりながら仕事をしました。接骨院で言われたことは、『無理をしない』、『急な動きをしない』、『重いものは持たない』 ← これはありえない話です。

そして、『毎日正しい姿勢で1時間以上歩いてください』と言われました。っと、まぁこんな次第で、ゴルフを再開しましょうという話になりました。

店長(家内)が、『すぐにゴルフやーめた!なんて話は無しにしてね。』だって。。。それは、スコア次第だったりして。

皆さん今年も無理せずに体を動かし、毎日元気に過ごしましょうね。

スコアについては、報告しないかも。

今年初めてのエリア会議(2009年1月15日(木))

私が参加しているグループの月1回の定例エリア会議が午後1時からありました。私は、事情ががあり、午後2時からの参加となりました。このグループの今年のスローガンは、

『気づき力』

1.仕事に対する姿勢と生き方・積極性

2.現場主義

3.時流をつかむ!! 接客力にみる気づき

4.感謝の気持ち

5.気づき力を高めるために  静の気づき

で、それは、生き方が積極的思考に変わるというものです。常にアンテナを立てて的確な情報収集、そして正確な情報をお客様にお伝えすると言う事です。情報交換こそが今年を乗り切る秘策かも知れません。そして、商売を続けていく上で一番大切な答えを教えていただける方は、実は、お客様自信であるということをいつも頭に置いてお客様から情報を得なければと考えています。

”お客様は神様です。”     by サハシ

盛り上がったオフ会2009(2009年1月18日(日))

私が参加している和穀の会の若手?のメンバーのひょんなことからの呼びかけに大阪、三重、愛知、静岡、のメンバーが名古屋に集結しました。総勢131名の中の18名の皆さんがお忙しい中都合をつけ新年会を兼ねたオフ会を開きました。何せ、初めてのオフ会、そして初めて会う方ばかり。何から話して良いのか、メチャ緊張しました。でもそれは皆さんお米屋さんという肌の合った方ばかりですので、乾杯の合図とともに大騒ぎが始まりました。私はというと、一度座り込むとお尻に根が生えるみたいで、他の席に移動することができず、お話できなかった方が多々お見えになりました。でも、このオフ会に参加されたということでコミュニティでのやり取りがし易くなったのではないかと思います。書き込むことによって、少しでも皆さんの貴重な意見をお聞かせ願えるのではないかと思います。本当に、学生の時のように大騒ぎしました。

すごく寒いです(2009年1月26日(月))

昨日、今日と体の芯から底冷えします。当店は、店内に玄米がショーケースに入れて陳列しているためエアコンは入れていません。床はコンクリートでクッションフロアが貼ってあるんですがやっぱり寒いです。

午前中、精米工場で精米をしていたんですが店内よりもっと寒かったので温度計を見たら3℃でした。

防寒服で身を固めての作業です。お米にとっては寒い状態での保管のほうが(冬眠状態)味が落ちずに食味が収穫時と変わらない状態に保たれます。お客様においしいお米をお届けするためには、この位

『そんなの関係ねぇ〜』(小島よしお風)

で頑張っています。(ちょっと古かったかな)

それでも寒いです。先週に元セミプロあがりの○野さんにゴルフのレッスンをビデオカメラに取りながら受けました。精米時間中にそのビデオを見ながら、体を温めるためにスイング練習をしました。やはり理に適った説明でのレッスンはとても分かりやすくいけない箇所を指摘されるとビデオを見ながら、『あぁ、そうか!』と一人で納得しています。くだんのレッスンプロが

『週1回ぐらいのレッスンコーチならしますよ〜。』との事。

『お礼はしますよ!』と私が言うと、

『社長にはいつもお世話になっていますから、そんなのいただけませんよ。』だって。

ラッキー!!!

寒い精米工場で体を温めるのが目的なのか、ゴルフスイングの向上が目的なのか、分かりません。

早く、春になってゴルフ場へ行きたいで〜す。

節分&立春(2009年2月4日(水))

昨日は節分で、朝7時に家を出て甚目寺観音に行き、8時からご祈祷をしてもらい、その後豆まきをしてきました。毎年雪がチラついたり、すごく寒かったりするのですが、今年は暖かく感じました。

『福は内!福は内!鬼は外!』

と、豆をまき、当店にも春と福が来ますように、もちろんこの日記を読まれている方のご家庭にも。

 

話は変わりますが、巻き寿司のまるかじり(恵方まき)がはやっているみたいですね。関西方面が発祥地らしいですが、この地方でも企業の販売促進の一環で節分の日に巻き寿司を一本恵方の方角(ちなみに今年は、東北東)に向いて無言で食べきると無病促進願いが叶うそうな。。。と、いう言い伝えがあるそうで、この甚目寺観音の境内にも大手コンビニの出張巻き寿司の販売テントがありました。恐るべし、商魂!恐るべし企業魂!

自分もそのぐらい前に乗り出さなければ。。。と思った次第です。そして、今日は立春です。暦の上では春ですが、まだまだ寒さはこれからです。インフルエンザも流行りかけ三男の通っている小学校の隣のクラスが学級閉鎖になったそうです。みなさんもうがいと手洗いをこまめにしましょうね!健康管理には気を付けてください。

春を呼ぶ国府宮はだか祭(2009年2月7日(土))

国府宮神社(愛知県稲沢市)で『はだか祭』がありました。毎年ですが、この1年の難を逃していただきますように家を朝7時に出かけご祈祷を受けてきました。

儺追殿で神主さんにお払いをしていただき、祝詞をあげて今年も一年『家内安全』で家族が健康で過ごせますようにお願いしてきました。御祓いが終わった後、隣に移動し、難を逃すために神男と呼ばれる人の前で頭を垂れて神男に触ってもらいました。

この神男は、儺追神男と呼ばれ、あらゆる災難を引き受けてこの神事の中心となるはだか男で3日3夜神社にお籠りをし、神事に奉仕します。

また、儺追切れ(除厄布淨)というものがあって、神男に触れたその布の半分を祭の最後に神男を儺追神殿に引き上げるときの綱を作るために置いてきました。残りの半分は、厄除けとして家族分に裂いて全員が身につけています。

今年も皆さんが無事に過ごせますように!

家族も無事に過ごせますように!

 

恵比寿大黒様(2009年2月14日(土))

恵比寿大黒様に行って来ました。節分のときに豆まきとご祈祷をしてもらった甚目寺観音様の道を挟んだ東側です。毎年節分・はだか祭・恵比寿大黒様におまいりすることが私にとっての待ち通しい春までの行事スケジュールです。昨年お借りしていった五円玉のお守りをお返しし、また新しい五円玉をいただき、壁に貼り重ねる『御影様』を授かってきました。御影様を家まで持って帰る方法は、藁を紐のようにして巻いて結んで風呂敷に包んできます。これは、福が家まで逃げないようにとのいわれだそうです。商売繁盛の福の神を家に今年もお招きすることができたと思います。写真の恵比寿大黒様(木製)は自分自身の災いと悩みを抜き取っていただけるとのことなので、さすりながら一生懸命お願いしてきました。(いろいろなことを)

 

暖かな春が早く皆様のもとにもきますように!

送られてきた春のツール(2009年2月25日(水))

今年もビールメーカー様から春を呼ぶお花見&行楽を促すお店を飾りつけるツールセットが送られてきました。この飾り付けをすることにより、何かしら華やいだ気分になり、開放的な心ウキウキ、ワクワクします。

 

世間は寒くて、暗〜い闇の中にいるような感じがしますが、私は、このピンク色が好きで、春を感じてしまいます。皆さん矢野顕子さんの『春先小紅』をご存知ですか?

ほ〜ら、春先小紅。見に見に見に来てね!(音痴ですいません!)

庭の櫻(2009年3月3日(火))

今日はひな祭りの日です。

シャツだけでも大丈夫な日もあれば、今日のような(みぞれ交じりの雨)天候の日もあり、寒暖の差があり過ぎ〜って感じです。私も先週は毛糸のセータとズボン下のスキータイツ(おじい臭くてすいません)も脱いでいたのにまたこの寒さで冬装束に逆戻りです。昨日、床屋に行き日ごと薄くなる髪を切ったのでまたまた寒くて只今毛糸の帽子を愛用しています。

庭の梅の木の花びらが舞い始めています。そして、櫻のつぼみが大きくなり、花が咲きかけています。

季節は確実に春へと移り変わってきています。

我が家も長男の中学校卒業と次男の小学校卒業を間近に控えています。

別れの春、出会いの春

何かしら感慨深い季節です。(ちょっとセンチメンタル)

現地視察(2009年3月15日(日))

勉強会を兼ねた米穀モデル店の視察に山梨県甲府市に行ってきました。家を朝7時に出て名古屋駅西口の噴水広場に集合し、大型バスに乗車して8時30分に出発しました。名古屋近郊のお米屋さん30名強の方々が参加されていました。この時期春霞のせいか山梨県側からだと富士山ははっきりとは見えないそうですが、今日はバッチリ見えました。

そんなこんなで、昼食の献立は、山梨と言えば”ほうとう”だそうで、自分はあまり好きではないので、引率の近ちゃんに『私はヒレカツにして下さい!』といっておいたのですが、やはり一人だけというのはね〜。

 

とてもおいしくいただきました。ご馳走様でした。

食わず嫌いが直りそうです。

そして、目的の場所『和穀菜汁 魁』の店へ。

このお店のコンセプトは、カフェを併設した店で、おにぎりと、お店で販売している雑穀を使ったランチメニューをイートインできる店作りになっています。

ここから、新しいお米生活がスタートします。

これが、お米屋さん同士の店作りの合言葉になるかもしれません。

無事に過ぎた一日(2009年3月23日(月))

今日は、息子の公立高校入学試験の発表日でした。親の私が言うのも何ですが、中学3年に進級したときの成績は散々たるものでした。でも、部活動だけは夏の大会までどうしても続けたいと進言してきたので、『夏の大会が終わったら受験勉強に専念するんだぞ!』と言っておきました。大会が終わり、長男の受験勉強が始まり、私としてはもう少し早く始めてくれても良さそうなものかと思っていましたが、『勉強するのは本人。受験するのも本人。』本人の頑張りを見守りました。そして、今日発表当日を向かえ、息子と2人で見に出かけてきました。本人も『だめでもともと!』チャレンジで自分の実力の2階級上の高校とこの市では昔からある伝統校と2校を受験し、とりあえず本人が希望していた高校に無事合格し、4月から登校することができました。しかし、最後の追い込みは、天晴れでした。

『お父さん、のんびりと自転車こいで学校行くから!』と生意気なことを言って笑っていました。3年後は、また大学受験、もっと大変なんだろうな?

そして、また、家内の母親も病院で手術をうけ、夜は家内と2人でお見舞いに出かけ、そこに義父もいらして長男の報告も兼ねて、『お母さん、早くよくなってください。!』と励ましてきました。長男の合格が何よりの良薬になってくれればと思います。

気候も良くなって心うきうき、新しい出会いを楽しみにしながら、『息子よ!友達をたくさん作って青春を謳歌してください。』

PS. 友人のMKさんの長女も公立高校に合格したそうです。おめでとうございます。

 

赤ちゃん米(2009年3月24日(火))

お客様から赤ちゃんのプリント写真をラミネートして貼り付けた米袋に生まれたての赤ちゃんの体重分お米を入れる商品の注文をいただきました。当店は、お米も拘っていて袋の中のお米は、兵庫県産『コウノトリのお米・減農薬栽培コシヒカリ』を入れてあります。昔からコウノトリは人のそばに住み、幸せを運んでくるという言い伝えがあります。一時全滅したコウノトリですが、その後兵庫県豊岡市を中心にコウノトリが住めるような環境作りが進められ、全国でも唯一コウノトリの飛ぶ町として有名な地域になりました。袋の中のお米は、赤ちゃんが生まれたときの体重に計ってありますので、送られた方は、赤ちゃんの重さを体感していただけます。

 

今日から新年度(2009年4月1日(水))

エイプリールフール何て言ってられません。新年は元旦にあり。新年度は4月1日にあり。あっと言う間に3ヶ月が過ぎ去り日差しもすこしづつ強くなり、日も長くなってきました。人も動物も、植物も、活動しやすい気候になってきました。

我が家では、今大掃除の真っ只中です。子供たちの部屋から出てくる、出てくる、漫画の本・雑誌等々。

写真は、まだまだほんの一部です。子供たちにしてみれば大切かな?思いが残っているものばかりで、片付けしながら漫画を読み始める始末。いつまでたっても固唾きません。家内の雷が落ちる前に何とかした方が。。。と私は思います。

さあ、また新たな気持ちで新年度もがんばりますので、皆さんよろしくお願いしますね。

長男の自転車 次男の自転車(2009年4月4日(土))

今日、長男が高校に通う自転車をオーバーホールしてもらいに自転車屋に持って行きました。3年間中学校に通学の足として頑張ってもらいました。次男が今度中学に入学して通う自転車と比べてみると

『こんなにガタが来てるのか!』

雨の日も、風の日も、雪の日も、走り続けてきました。3年間乗った自転車は、思いでをいっぱいのせて走ってきたんだろうな!

次男が一言、

『ぼくは大事に新品の自転車を3年間乗るよ!兄ちゃんの自転車よりきれいにね!』

次男の自転車も中学校の思い出をいっぱい乗せて走り続けてもらいたいものです。安全運転でよろしくお願いしますよ!。

【兄ちゃんの自転車】

 

【次男の自転車】

 

いつもの桜(2009年4月5日(日))

今日は天気が良かったので、お昼過ぎにばーちゃんと子供たち3人とで町内の八幡神社さんと逆川神社さんに家族の健康と、長男の高校入学と次男の中学入学の報告に行ってきました。毎年ですが、入り口付近にある桜の花が見事に咲いています。

 

ちょっと残念なのが、道を挟んだ小学校の東側の入り口に植えてあるさくらの大木が、南北に1本づつ植えてあるはずが、南側のさくらの木が北側に移植されていました。今までですと、南北のさくらの木を挟んで、校庭に入るのですが、校舎を新築していることでの移植だそうです。でも、今年も素晴らしくきれいな花を咲かせてくれました。新一年生の子供たちの心を和ませてくれることでしょう。

 

<それぞれの旅立ち>(2009年4月7日(火))

4月6日(月)は、長男の高校入学式。

4月7日(火)は、次男の中学入学式。

私は、家で店番です。家内が高校に中学にと孤軍奮闘忙しい日の毎日です。おまけに8日(水)は三男の小学校も始業式でした。三者三様それぞれの学校に通うようになり生活のリズムがつかめるまで気が抜けない毎日になりそうです。息子三人、それぞれ

『いってきま〜す!』 『ただいま!』の声。今日も何かしら新たな出会いがあったのか、夕食の時間はそれぞれに騒がしいくらいの声で今日の出来事を話します。

元気が何よりです。

あわただしい一日でした(2009年4月12日(日))

今日は朝10時に写真館に予約を入れて子供たちの記念写真を撮ってきました。我が家では新入学時に家族写真と子供たち一人一人の写真を記念に撮っています。長男の高校入学、次男の中学入学、三男の小学4年の進級と三年毎に撮っています。

昨日、前回とった写真を見比べてつくづく子供たちが大きく成長したのには驚かされました。中学1年のときあんなに『おぼこい』顔をしていた長男も高校1年になると子供から少年に変化した様です。次々に次男、三男も男らしく成長していってくれるんだなぁと頼もしく感じました。

その後、津島神社さんにお参りに行き、無事に進学、進級できたことのお礼とこれからの成長を見守っていただけるようにお願いしてきました。

お昼は、進学進級のお祝いに家族で当店のお客様の『洋食工房葉Jue』様に予約をいれてあったので食事に行きました。いつもこのお店はお客様でいっぱいで、我が家の子供たちも美味しい食事に大満足で

『おなかいっぱい!もう、たべれらませ〜ん』

と言う始末。葉Jue様ご馳走さまでした。

 

 

そして、家内の実家に義母のお見舞いに子供たちを連れて行ってきました。お祝いを頂いていたので、そのお礼いも兼ねています。義父も義母も子供たちが見違える程成長しているので、大変驚かれ喜んでいただけました。義母も順調に回復されているようで、何よりです。『無理をせず、ゆっくりでいいですから良くなってください。』また、今度は、子供たちだけで電車に乗って遊びに行かせますので、よろしくお願いしますと、話してきました。

2009年4月23日(木)の朝刊から(2009年4月23日(木))

ついに、3月末から高速道路1000円が実施されました。喜ぶ人、関係ない人、迷惑な人、いろいろのようですね。私は、まだ遠出していないためその恩恵には授かっていません。が、この1000円政策によってETCがバカ売れ!。完全に術中にはまった感が否めません。週末の高速道路も結構渋滞しているようです。この1000円政策、一般車両に限定されているため、安くならないわ、込むわでトラックの運チャンは大迷惑のようです。また、一頃前には、ガソリン価格が高騰して車離れがおこり、トヨタを始めとする自動車メーカは大打撃をくらいました。一方で、電車は大盛況。エコを謳い文句に調子が良いようです。唯でさえ渋滞するゴールデンウィーク、車ではなく、電車を使った過ごし方のほうが利口かも知れませんね。

何気に同じ1面に米屋の私にとって重大な記事が載っていました。

『減反廃止で米価3分の2』

『農水省制度見直しへ試算』

とあります。農政改革の焦点となっている米の生産調整(減反)について見直しによる米の市場価格や農家の手取り額の変動などを試算した結果を公表しました。減反を廃止した場合、10年後の米の価格は現在の3分の2程度に下落するとされています。なにやら色んな人(政治家、お役所の人、一部の商社の方)等の思惑が大きく左右するような気がします。農水省の方の試算も現場での数字ではなく、あくまでも机上でのすり合わせてきな数字のような気もします。一番大事なのは、これから先、子孫に脈々と第一次産業が受け継がれていきすべての国民が安心して生活できる世の中を作り出すシステムの構築が大切ではないかと。。。今現在、世界の一部では、食べるものもなく、飢えでなくなっていく人が数多く存在しています。何が大事で何をすべきか日本という国がとわれているきがします。極一部の方々の思惑によって舵取りを間違わないようにしてもらいたいものです。

桜の実(2009年5月3日(日))

皆さん今年のゴールデンウィークは如何お過ごしですか?上手に休みを取れば4月25日〜5月6日までの12連休ですね。当店は、例年通り、実店では第2第3の日曜日だけですので、ゴールデンウィークとか連休とかは無縁です。4月30日は、三男の誕生日ですし、今日5月3日は結婚記念日です。悲しいかな何の予定もしていないし、家内への何のサプライズもありません。でも夕食のとき、家族全員が食卓に集まりいつもと変わらぬ風景で食事ができることが一番の幸せかもしれません。でも、休みは気分転換と明日への英気を養うために必要かな。(家族サービスも兼ねて)

子供たちが庭に植えてあるさくらんぼを取ってきました。そう、以前日記に紹介した桜の木です。桜の花を楽しむ木ではなく、さくらんぼが実る木です。3月の始めに花が咲き始め、さぁこれから花見という頃には、散ってしまい何か変です。でも、真っ赤なさくらんぼが実り、子供たちも『おいしいよ! 食べてごらん!!』と、持ってきました。一粒食べたら、甘酸っぱくともて美味しかったです。

端午の節句(2009年5月5日(火))

今年も、端午の節句にあわせて兜を飾りました。写真は、長男が生まれたときに家内の実家からお祝いでいただいたものです。豊臣秀吉の鎧を模した物だそうです。

息子3人、人に迷惑を掛けずに人のためになるよう、成長していってもらいたいものです。子供の成長を見守る親、どの時代も変わらぬ愛情ですかねぇ〜。親になった私も少しずつ実感しています。

夏野菜(2009年5月10日(日))

今年も夏野菜の苗を買ってきて植えました。今の時期気を付けないと、植えてから中々雨が降らなかったり、日照りが強かったり、風がめっちゃんこ強かったりと、極端な気候のため、苗が弱って枯れてしまいます。今植えてある苗は早めの茄子10本、また、1ヶ月ぐらいしたら遅めの長茄子10本、胡瓜10本、トマト5本、獅子唐5本、西瓜3本、そんなところです。昨年の日記にも載せたおおきな西瓜と同じく今年も期待に胸が膨らんでいます。

もうちょっとしたら、玉ねぎの取り入れにかかります。4,500玉ぐらい取れると思います。こんなに我が家だけでは食べ切れませんから、近所親戚知人におすそ分けしようと思います。今のところ野菜の苗は元気に育っています。順調!順調!

    

めでたい日(2009年5月26日(火))

今日、東三河の米の卸様が当店にあの『龍の瞳』の苗を持ってきて下さいました。その米の卸様ですが、愛知県で言うと東の端から西の端までの距離と時間を掛けて持ってきてくださいました。もっと驚きなことが、当店はその卸様とはまだお取引していません。きっかけは、その卸様が龍の瞳の発見、生産者の今井隆さんが、その卸の会議室で愛知県のお米屋さんを(取引のある)呼んで、後援をするということで私の分も米仲間の方が申し込んでおいてくれたことからです。

2,3日前に電話をいただき、興味がある様でしたら、龍の瞳の苗をお持ちしますので、店頭先で栽培、観察しませんかとの内容でした。私も、自分の田圃は作っていますがバケツ栽培は素人ですので、今回は是非挑戦したいと思っていましたので、渡りに舟です。

あいちのかおりという品種と龍の瞳の品種を並べて栽培してみたいと思います。秋の収穫が楽しみです。

また、苗を持ってきていただいた三河の米卸の会社の○木様と○様ありがとうございました。そしてこれからの米屋の展望みたいな話をお聞かせいただき、勉強させていただいた有意義な2時間でした。遠路はるばるありがとうございました。また一つお米という代物が興味深いものになりました。

  

今日から6月です(2009年6月1日(月))

子供たちが黒の学生服から白のシャツに衣替えです。当店の前の道は、中学校、高校への通学路となっているため、何か雰囲気が一変したようです。最近は、地球温暖化の影響か、4月5月から暑い日が多く、真夏日もあったくらいです。その最中に黒い学生服では、見てるだけでむさ苦しく、気の毒になります。実際、とても暑いと言っていました。やっとその暑さから開放され、見た目も涼しい服装になりました。

我が家の田圃にも水が入り、5月28日に田植をしました。間植えをするために残してある『あいちのかおり』の苗を持ってきて店前のプランターに前回植えた『龍の瞳』と並べて栽培していこうと思います。

  

雀と燕(2009年6月11日(木))

当店の店先のひさしのところに骨組みとして出っ張っているC鋼アングルを巣にしている雀がいます。毎年この時期になると巣作りにきます。ここ5,6年続けてきています。毎日藁、草等を運び込み、また卵がかえると雛に一生懸命にエサを運んできます。

『頑張って子育てするんだぞ!』

と朝声を掛けています。

そして、今日子供が学校から帰ってくるなり倉庫の屋根の裏側に燕が2羽いるよ、と教えてくれました。夜暗かったので『違う。違う。あれば燕ではなく、雀だよ!』と教えてあげると、子供が『違う。違う。おなかのところが白いもん!絶対燕だよ!』と言うのでカメラを持って見に行ったら子供の言うとおり燕でした。

 

今頃巣作りには遅いし、どうしたのかな?来年のために巣作りの場所を探しているのかな?店先に雀、倉庫の上のひさしに燕、来年は賑やかになるのかな。待ち遠しいです。

龍の瞳 & あいちのかおり(2009年6月17日(水))

龍の瞳の成育がすこぶる良好です。背丈もどんどん伸びています。あいちのかおりは、1週間遅れで植えたのですが、株が増えて背丈はないがゆっくり、しっかり成育しているようです。龍の瞳もあいちのかおりも土壌の状態は良いようです。今のところ雨が少なく、日照時間は申し分なく、気温の方も良好す。順調に育っています。

   

夏野菜(2009年6月21日(日))

今年も畑につけてある夏野菜が順調です。特に胡瓜、茄子が一度にできて食べ切れません。ちょっと気を抜いて取りにいくのを怠るとバケモノみたいな大きさになっています。胡瓜なんかも直径10cm長さ40cm以上です。でも見た目は悪いですが取れたての野菜は味も変わらず美味しく頂いています。体にもいいですしネ!

もう少しするとトウモロコシ、西瓜が実り始めます。楽しみです。昨年以上のおおきな玉の西瓜が果たしてできるでしょうか?

我が家の田圃の苗も緑一面絨毯をひきつめた様になってきました。除草剤を初期段階しか使用していないため田圃の中の生き物を食べに白鷺が何羽か舞い降りてきました。

店前のプランターの『龍の瞳』と『あいちのかおり』がぐんぐん大きくなっています。

決算月(2009年6月25日(木))

今期もあっと言う間に当社にとって決算月がやってきました。残り1週間を切ってしまい昨年対比をパソコン画面で覗いてみると気分も数字も凹んでいます。100年に1度の大不況の嵐と言われ中々回復基調に乗れず低空飛行しています。困った、困ったと悩んでいても何も解決しません。今できる最善のことを早く見つけ乗り切らねば!と思います。そして来期に向けてステップアップしたいと思います。皆さん応援してくださいね!

今期も始まりました!2009(2009年7月1日(水))

今日から2009年も後半に突入しました。まだついこの間正月休みをいただいたばかりですが、半年過ぎてしまったのですね〜!後半に向けての自分の『プチ目標』ですが

『自分の体のケアをする』 まだまだ若いつもりなんですが少し無理をすると肩、肘、背中、腰、膝、痛いところばかりです。今年は”あることを思って”体を無理やり動かしている感があります。どんなことでも目標を設定してその目標に近づけるように努力することが大切かと、結果は後からついてきますから。

それと、ネット通信販売をもっと強化したいな〜と、考えています。それにはまだまだ勉強して調べることが多く少しずつ形にしていきたいと考えています。しかし、世の中はそんなに甘くなくて一歩前に踏み出すことすら容易ではありません。でも毎日こうして仕事をさせてもらえてある意味平穏な生活を送らせてもらえる事に感謝しなければと思っています。これもお客様ひとりひとりのおかげと感謝しています。ありがとうございます。

さぁ、後半もお客様のために少しでも喜んでいただけるように精進していきますので、よろしくお願いしますね。

今日の夕方店の軒先のC鋼アングルに巣を作っていた雀の子供が倉庫の中に舞い込んでいました。私が素手で捕まえ写真を撮るため店長(家内)にデジカメを取りに行ってもらっているうちに私の両手から逃げてしまいました。『元気に暮らしなよ』と飛んでいく雀に声をかけました。また、巣づくりに戻ってくるのかな!

取引先の展示会(2009年7月8日(水))

今日、名古屋国際会議場に行ってきました。取引先の問屋様の国分中部グループ「商品試食・試飲展示会」の案内状を頂いていましたので、見聞を広め商売の幅を少しでも広げれればと思い出かけてきました。会場にはお昼に到着したのですが、多くの方が広いイベントホールに所狭しと押しかけていました。商品説明をする側も聞く側も真剣です。自分のお客様に少しでもお値打ちで他所にない商品を探しているのでしょうね。

中干し(2009年7月13日(月))

今日、店前のプランターで栽培している稲の水を抜きました。稲が根を丈夫に張るように中干し状態にしました。『龍の瞳』の稲が背丈はあるのですが、いささかひ弱な感じがします。その点『あいちのかおり』は背丈はないのですが、株分けがうまく進んでいるようです。2週間ほど中干しにしますので、『龍の瞳』の根が丈夫になってくれればと思います。

  

  

キリンとサントリー経営統合へ(2009年7月15日(水))

今日、私が加盟しているグループの定例の月例会議がありました。そこでの話しですが、やはりこの話が議題にのぼりました。キリンホールディングスとサントリーホールディングスが経営統合を前提に話し合いを進めているということです。キリンホールディングスは、国内最大手の食品会社です。2008年12月期の連結売上げ高は2兆3035億円経常利益は、1030億円。そして、サントリーホールディングスは、国内食品2位の非上場会社です。2008年12月期連結の売上高は、1兆5129億円で経常利益は、792億円だそうです。2社ともに黒字の優良企業です。その1位2位の会社が経営統合するということは余程の決断が必要とされ、前向きな近い将来を睨んだ考えだと思われます。国内では、景気悪化による急激な消費の冷え込みに危機感をもち、また、少子高齢化が進み今後も売上げの大幅な伸びは見込み難いと判断したのでは?その先の思惑は、両者が一体となって強固な体制で、海外進出を念頭においたものと思われると各社新聞等が記事を寄せています。

この記事からも推測されるように最大手の会社同士でさえ 黒字経営している間に次の一手を打ち 常に前向きに先を見据えた考えの下に行動するという事が これから生き残っていく為に必要かもしれません。

我が家のたんぼ(中干し)(2009年7月19日(日))

我が家のたんぼも中干し中ですので、容易にたんぼの中の草取りができます。しかし、暑いです。稲の株を選り分けて草取りするだけで汗だくです。

 

新聞各社の見出しの意味(2009年7月23日(木))

7月21日衆議院解散。

7月22日皆既日食

7月23日スーパーのイオンが農業事業に参入

日本を取り巻く環境が大きなうねりと共に変革という流れに飲み込まれようとしています。すべて、一般国民に直接関係することばかりです。

尾張津島天王祭(2009年7月25日(土))

仕事が終わってから子供たちを連れて天王祭の花火を打ち上げているところに行こうと思いましたが、夕方から雨がポツポツ降り出して店を閉める頃はドシャ降りでした。『バケツをひっくり返した様な』とはこのことを言うのだなと思うくらいの降り方でした。子供たちもあきらめ顔です。でも雨も止んで花火の音は聞こえてきます。今年はまだ梅雨も明けていなくて8月にずれ込む様な雰囲気です。長男が小学校2年か3年の頃、花火を打ち上げている間近まで行って、大音響と夜空を彩る幻想の花火を見に行ったのを最後に花火も打ち上げしなくなり今年は久々の復活となった事もあり、子供たちを連れて行ってあげたかったです。でもケーブルテレビが祭りと花火の模様を放映していたので、家族でテレビ観戦となりました。やはり実際の雰囲気を味あわないとだめですね。

 

我が家のピーちゃん(2009年7月29日(木))

天日干ししている我が家のプランターの稲圃場に水を入れました。待ち焦がれていたようにあひるのピーちゃん親子が帰ってきました。この圃場は除草剤が散布していないのでピーちゃん親子に草取りをお願いしています。

 

 

子供たちの部活動(2009年8月2日(日))

中学生と高校生の2人の息子がバスケット部に入部しています。1年生からはまだベンチ入りできる段階ではないのですが、毎日毎日一生懸命練習に励んだ甲斐があってユニフォームを貰ってきました。奇遇なことに、背番号は同じ18番でした。中学生の次男は新人戦でほんの少しですが試合に出させてもらったようです。それを聞いた長男が大変羨ましがっていました。長男のデビューはいつになることやら。まだお互い1年坊主ですから。。。

龍の瞳(2009年8月5日(水))

『龍の瞳』が8月3日に出穂しました。今日、白い花が咲き始めました。穂の周りでところどころ白く見えるのが穂の花です。

 

今年のすいか(2009年8月5日(水))

全滅です。(><) かろうじて生き残っていた10玉程を収穫してきました。今年の長雨は野菜・果物にとって大敵でした。残念!

新米入荷しましたぁ!(2009年8月12日(水))

九州佐賀県から特別栽培米こしひかりが入荷しました。別名七夕こしひかりとも言い旧暦の8月9日前後に収穫されることから七夕こしひかりと命名されたそうです。当店も超早場米のお米は、この七夕こしひかりを販売させていただいております。

このお米の美味しさのヒミツその1

生産地である白石平野は佐賀県の南西、杵島郡の東部に位置し、六角川下流に広がった農地のほとんどが海抜3〜6m程度の干拓地で、土質は重年度で地力に富み、気候は平均気温15.7℃、年間降水量は1844mmと比較的温暖で稲作には最適な土地柄です。

このお米の美味しさのヒミツその2

きめ細かな水管理により、栽培され堆肥有機配合肥料を使用して栽培するお米で環境にやさしく自然の恵みをいっぱい受けて育っています。

このお米の美味しさのヒミツその3

お盆前の暑い日に刈り取りをしますので、収穫後2時間以内に風による乾燥をして品質重視の米作りを心がけています。お米は、柔らかで粘りも強く甘みがありピカピカの炊き上がりです。

この度、佐賀県マーケティング協会の方からお米についての特性を頭に入れながら食味をしてお客様に販売させていただこうと思います。昨年もお客様にお勧めさせていただくと大変好評の内に終売となりました。今年も好評のうちに皆様にお買い上げいただければと思います。

お盆休み(2009年8月17日(月))

今日は、お盆休みを頂きました。午前中は、家のどぶ掃除をしました。やはり、月に1回とは言わないまでも2〜3ヶ月に1度は掃除したいですね。お昼は子供たちと食事に出かけ、その後、ボーリングをしに行きました。約20年振りのボーリング、スコアはひどいものでした。子供たちは、どんなに投げてもケラケラ笑いながらへっちゃらです。その後、バッティングセンターにも行きたいと言い出して久しぶりにバットを振ったら背中と腰がバキバキいいました。これなら、ゴルフの打ちっぱなしに行った方が良かったかな・・・

 

『龍の瞳』と『あいちのかおり』(2009年8月19日(水))

『米』という字は、八十八の手間をかけて作られたことに由来します。昔の農作業と現在の農作業とはまるで違いますが・・・

 

龍の瞳は、既に頭を垂れかけています。しかし、上右の写真のようにちょうど株分けするころに雨が多く、気温が低めだったせいか、根がしっかり張っていないように思えます。

 

上の写真は、『あいちのかおり』です。まだ背は低いのですが、株が龍の瞳よりうんと太く、丈夫に育っています。

龍の瞳』 ・・・ 植えてから85日

『あいちのかおり』 ・・・ 植えてから80日

龍の瞳とあいちのかおりの育ち具合が良く分かります。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ