カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

2008年5月〜2008年12月

オープンしました(2008年5月26日)

本日ネットショップ宝米本舗をオープン致しました。

これもひとえに友人・知人・関係者の方々のお力添えの元に成せた事だと思います。

私も本日、誕生日を向かえ、このお店と同様、新たな気持ちで精進して参りたいと思います。

商売のあり方も変わり、今ではインターネット通販もひとつの方向性だと思います。一人でも多くのお客様に支持していただけるよう努力して、『商売』を『笑売』に変えて続けて参りたいと考えておりますので、末永くご支援の程お願い申し上げます。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

我が家の田んぼ日記(1)(2008年5月30日)

5/22(木曜日)に田んぼに水が入り、耕運機でならして、苗が植えれる状態になりました。田植えは、週明けの予定です。天気が良いとうれしいな!ちなみに、お米は、『あいちのかおり』です。当店でも同品種を売っています。(我が家の田んぼのお米ではないよ〜)販売している『あいちのかおり』は、愛西市の伊藤さんにお願いして契約栽培で農薬除草剤等を極力減らして作ってもらっています。この間訪ねたら、コシヒカリとあきたこまちの品種は、もう田植えが済んでいました。今は、『あさひの夢』を植えているところです。これが終わってから『あいちのかおり』の田植えだそうです。

我が家の田んぼ日記(2)(2008年6月4日)

『あいちのかおり』は、”おく”の品種ですので、当地区の田植はとても遅く、稲刈りも10月過ぎになります。

父の日が近づいてきました

皆様のご家庭では父の日に何か催し事をされていますか?

当店は、お酒も扱っています。量り売りの焼酎で父の日のラベルを作ってみました。 

(本格麦焼酎古酒長期熟成貯蔵)  (本格麦焼酎樽仕込)

     

(左:本格芋焼酎甕仕込)

(右:本格麦焼酎熟成甕仕込)

店内の上記貯蔵容器にて熟成させながら量り売りをしております。そこで、今回父の日にちなんで、ボトルに貼るオリジナルラベルを作成しました。

よろしければ、皆さんも送られたらいかがですか?ご連絡下さ

い。

(TEL:0567−28−0807 FAX:0567−28−7123)

我が家の田んぼ日記(3)   6月15日

苗の間植えをしました。間植えとは、田植機で苗を植えていきますが、その時機械の都合等で植わらずに歯抜けの状態になっている所を植えていく事を言います。

   

昔(私が小学生の頃)は、父といっしょに田んぼに入って間植え等をするときは『はだし』で『ゴム手袋』もなしでした。じかに土の感触、水の生ぬるい感触を肌で感じられましたが、今では、割れたガラス、捨てられた缶などにより、とても危険です。田んぼに入る時の必需品です。皆さんも道とか田んぼにゴミなどをすてないようにしましょうね! お願いします。

米びつ管理をしていますか?

皆さん暑くなりかけた梅雨時から真夏のお米の保管はどのようにされていますか?当店では、ゴールデンウィーク過ぎぐらいからお米をお買い上げになったお客様に『タカノツメ』と言われる米びつの中に入れる虫除けをお渡ししています。

昔は、 てーへんでした。

愛西市の伊藤さんにお願いしているお米 “あいちのかおり”と “あさひの夢”を低温倉庫に預けてあったのをご無理を聞いて頂いて当店まで運んで下さいました。

 

1ツのパレットに 30kgのお米の袋が56袋(28俵)載っています。 それを 4パレット運んで頂きました。

一昔前なら人海戦術で一袋ずつ運んだものですが 今では フォークリフトという文明の利器を使うことにより大変体は楽になりました。

当店の低温倉庫もいろいろなお米の種類で、いっぱいになっちゃいました。

伊藤さん 有難うございました。

 

我が家の田んぼ日記(4)(中干し)  7月20日(日曜日)

今まで田んぼに水をいっぱい入れて稲の成育(地上)の方にどんどん伸ばし、株もどんどん増やしできました。気温が上昇してくると共に毎日手に取るくらい大きく成長してきました。

そこでこの時期になり今度は地上に成長させるのではなく”根”に成長を促し、”しっかり、どっしり”した稲にします。

『中干し』とは、水を田んぼから抜き、からから状態にして根が水を求めて根を地下へ地下へ伸ばします。すると根がしっかりとした太い力強い稲に変わります。また、この時期は地面が乾いているため容易に田んぼに入れるため、草取りにはもってこいです。今日は次男といっしょに田の草取りを真夏の日中にがんばってきました。私も子供もばてました。子供には良い経験になったと思います。

 

昔は、 てーへんでした。(2)  7月22日(火曜日)

今朝一番に伊藤さんに契約栽培してあるお米(あいちのかおりとコシヒカリ)を各パレット2枚ずつ持ってきていただきました。私のリフトは2t車なのでパレット1枚の重さが1680Kgで、ちょっと坂のところとか段差があるところでは余裕がありません。当店の低温倉庫に入れてあるお米の入れ替えに半日かかってしまいました。f^^;

伊藤さんとの雑談の中で秋のお米の収穫のこと、品質のこと、米の価格のこと、ちょっと不安な話も出ました。いち米屋として、成すべきことはお客様に対して品質も価格も安定供給させていただけることかな?と思いました。

ずぶぬれです。    7月28日 (月曜日)

朝から雲行きがおかしかったんですが ポツ ポツ しかけたので急いで業務店の配達に出かけました。「お米が雨に濡れるのは」気を付けないといけないですよね・・・”大切な 売り物ですから (^^)/ ハイ。
帰ってから 直ぐに銀行に・・・  雨はパラパラでしたが 稲光が・・・「でべそ」隠しました…あわてました(^^;
傘は持って行きましたが帰りは  ずぶぬれ です。
皆さんも 突然の雨 夕立には 気をつけて下さいネ!

夏休み   7月 29日 (火曜日)

我が家には ”大切な息子 三兄弟”がいます。(^^;)
長男は部活 次男、三男はプールへと 元気 元気 家内が休みになってから”ごはん”の減り方が凄くはやいよ〜〜
私 ”いいじゃないか 米屋なんだから“ ん・・・?
”健康な証拠だろ”の 勘違い?
お客様の米びつのお米も我が家の様に減ってくれないものかな〜〜!

       ”健康が 一番”
                 感謝 感謝
店頭精米機

当店は、店頭精米機が2台あります。一台目はタイワのコメック5馬力でもう一台は山本製作所のニュースーパーミル縦型です。お客様が続けて来られた時に待ち時間無しで精米できます。最近になって、この暑さの為か店頭精米のお客様が増えてきました。搗きたてで新鮮なお米を好まれるお客様のご要望に少しでもお答え出来るように準備をさせて頂いています。また1kgからの計り売りですので少量からの精米 分搗き米も 要望にお答えできます。

精米倉庫にある大型の精米機ではそんなわけにわいきません。当店は多種多様なお客様にお答えしていきたいと考えています。

今日から8月ですね!

今日から8月ですネ(^^)

世間は 夏 真っ盛りなんですが
米屋の私的には もう秋なんです。

8月→お盆→新米(早場米)→赤とんぼ  ”秋”って感じで。

新米収穫時期になると忙しくなるぞー
毎日 やる事 てんこもり(^^;)
ちょっと気が早いかな?
明日町内の盆踊り大会です。 
この夏 皆さんも楽しみましょうネ!
町内盆踊り大会   8月2日(土曜日)

今年は、この暑さも手伝ってすごい賑わいです。昨年は途中で夕立に会い散会でした。次男が抽選会で毎年何かしらの商品を当ててきます。そちらの方が実は楽しみだったりして。。。3年前、東京ディズニーランドのペアチケットをゲットしたり、その他もろもろ当ててくるんですネ。今年も期待しちゃいました。蒸し暑かったけど楽しんできたみたいです。ちなみに今年は、コードレスミキサーが我が家にやってきました。

  

収穫です!   8月4日(月曜日)

今年初めて畑に作ってあったスイカを子供たちが家内と朝早く出かけて取ってきました。

でっかいでしょ〜!

寝起きで連れて行かれてあまりの大きさのスイカを前に目が覚めたらしいです。冷たく冷やしていただきます。

エリア会議   8月6日(水曜日)

昨晩 pm800〜あるグループの月一回の愛知県エリアの会議に出席しました。

現在の自店の状態 前年との売り上げ対比 個別商品の動き 自店での活動内容 等の報告 各店販促チラシのもとに内容討議 ”今のご時勢 物が必要最小限しか動かず当然売りあげも一割以上下降” も当たり前と仲間内で話される方も。

エリアマネージャー(Mさん)は広範囲にエリアを受け持っているので”地域差と言うものは、はっきりと現れますが” 売れる売れないは、”一番は、やる気だけ” 緻密な戦略をたてて実行に速やかに移行して下さい
”結果は、後から 良くも悪くも 必ず付いてきます。とこんな話を xoxoxoxoと会議でつずけてきました。
私は、できるだけ会費等が必要であってもセミナーとか会議とか自分のモチベーションを上昇維持するために出席しています。個人店ですと何かとマイペースで自分本位の商売の仕方でOKなんてこと多いですから(井の中の蛙にならないためにも)自分と自店を再確認するために勉強会が必要だと思います。やはり他人に自店を見てもらう、他人の考えていることを再検討する事とても大事なことです。

9月17日(水曜日)   9月18日(木曜日)

グループの店長一泊研修セミナーも参加します。東は千葉県、北は富山県、西は広島県、南は和歌山県の社長、店主、店長の総勢60店舗以上の方が出席されます。今からどんな話が聞けるのか楽しみです。これもモチベーションを維持するための一つの方法です。

久々の休日    8月17日(日曜日)

 

家族で 木曽福島に行ってきました。天気も良く、朝8時に出発。高速道路も空いていたため、予定より早く到着してしまいました。子供たちは魚釣りを始めましたが、係りの人から『今日はあまりつれないかもね』と意味不明なお言葉。『ど〜いう事??』結果は、案の定0匹という結果になりました。お昼は、バイキングかバーベキューのどちらかの選択制。子供たちは、『バーベキュー!』と全員口を揃えたので、煙もくもくバーベキューをしました。量が多く食べきれないくらいあり、『満腹。満腹』その後、パターゴルフを楽しみ、大汗をかいたので、会員制の天然温泉に入り汚れと汗を流し、しばし休憩して帰宅しました。次の日は全員真っ赤に日焼けしていました。

お米屋さん専売のお米の説明会   8月24日

全国のお米屋さんが会を作りその会に加盟しているお米屋さんだけが販売できるお米の平成20年産の取り扱いの説明会が名古屋でありました。出席された方はもっと多いかと思っていましたが、意外と少なく20〜30名程でした。どうしても都合のつかない方には、後ほど資料が送られるということですので、それはそれでいいかな?と、ただ自分的にはもっと活発な話し合いになるかなと思いきや拍子抜けな感じでした。でも山梨にオープンしているモデル店の動向の話にはいろいろ勉強させられ、自分でもすぐに取り入れるべき実案が多く紹介され、

『一段とやる気が増しました。』

販売する者の『思い入れ』や、お客様への『説得力のある商品説明』が、販売成功に繋がるものだとつくづく思いました。

我が家の田んぼ日記(5)

8月25日(月) 出穂しました。

 

我が家の『あいちのかおり』がようやく出穂しました。白く小さなかわいらしい花が咲きました。近隣の早い田んぼはもう実りかけですが、家の地区は遅いです。でも今年は雨も降らず日が強く照りつけたため高温傷害を起こし、腹白、背白、胴割れを起こしているお米が多いようです。これから実り始めるお米は、良好に育って欲しいものです。

ハイテク 『ポスレジ』   8月29日(金曜日)

当店は、6月が決算月になっています。ハードディスク付きポスレジを5月にNECのポスレジからTECのポスレジに変えました。このポスレジが優れもので、色々な機能がついていますが、まだ使いこなすところまで慣れていません。決算書に必要な書類とか税務署に提出する書類とか、在庫管理等このポスレジでプリントアウトすることができます。その書類を元に当社がお願いしている会計事務所で決算書を作成して頂くのですが、入力ミス等直すところが減って助かりますとのお話でした。このポスレジを使ってお客様のニーズを掴みドンドン新商品の案内や問い合わせの商品を調べ、時間の短縮や卸間との単価変更によるミスも無くせます。この優れものを何としても使いこなして売り上げアップに繋げたいものです。ただ、リース料金がメチャ高いのがたまにキズですが。。。

 

新米のお知らせ!!   9月3日(水曜日)

契約栽培をお願いしている伊藤さんから昨日電話があり、『今年のあきたこまちとコシヒカリの刈り入れを始めようと思いますが、夏の猛暑によりお米の状態があまり芳しくないかもしれない』という連絡がありました。検査日にあわせて刈り取りをしますのでもう少し待って下さいとのことです。先日FAXで最初の検査日での必要数量を書き込んでおいたので、お電話での確認です。検査日の日にちを急がなければ『状態の良い1等米を回してあげますよ』と言っていただけました。とってもありがたいです。今年は2等米が多いそうです。

お客様にお売りするお米は五つ星お米マイスターと米・食味鑑定士の認定を頂いている私が責任を持ってお米を買い入れいたします。

ただ、相場が昨年より上がっているのが気がかりです。

キリン秋味   9月4日(木曜日)

今年もキリン秋味の限定商品が発売されました。今日、キリンビールのメーカー主催の大陳コンクールに応募する写真を撮りました。K問屋さんのM君が汗カキカキで秋味の缶ビールを店内のパレットに展示レイアウトしてくれました。

この時期、テレビCMの七輪で焼く秋刀魚とその煙モクモクが秋を感じさせてくれます。『食欲の秋』です。

 

我が家の田んぼ日記(6)   9月15日(月曜日)

我が家の田んぼもだんだん穂の色が緑色から黄色に色づき、もう少しで黄金色に輝き始めます。そうしたら稲刈りが始まります。この調子でいくと10月中頃かな〜。順調順調(^^)/。

”実るほど頭をたれる稲穂かな”

 

一泊研修勉強会   9月17日(水曜日) 〜 18日(木曜日)

愛知県犬山市の犬山温泉迎帆楼で、秋季一泊研修セミナーに参加してきました。初日の午後1時からの開会から参加を予定していましたが、業務店の大量配送の注文を受けていたため、夜の宴会(夕食)親睦会からの参加となりました。知人のNさんははじめから参加され、自店の直近のチラシを元に現在の状態を参加者の前で話され、その後グループに分かれて参加者の方の意見交換をしたそうです。気がつかなかったことをズバリ指摘されとても参考になったそうです。自分はその場にいなくで残念でした。部屋は、四人部屋で、静岡のK商店の方と同室で、色んなお話をさせて頂きました。形態が業務店を中心として活動されてきて今度は、店頭販売の方も強化されているという事でした。地域差はあるものの『やる気』は誰でもどの場所でも同じです。

2日目は、朝風呂に入り朝食の後、8時45分からラジオ体操、本当に久しぶりです。(約10年振り)体のあちこちが痛くなりました。9時からお昼まで内容の濃いセミナーをみっちり。そこで自店の状態の事をあてはめてみると悪いパターンの典型的な店という判断に至り、自分ではいいつもりでいたのですが、頭を『どつかれた状態』の衝撃を受けるほどデータを元に比べられ指摘を受けました。これはお金で買えない肌で感じる勉強会セミナーの感想です。またやる気が入道雲のように湧き上がりました。

町内秋祭り   10月4日(土曜日)

今日は、町内の秋祭りです。小学生以下の子供たちは、コミュニティーセンターに午後1時に集合して、その隣の八幡神社を出発。男の子の列と女の子の列に別れて獅子舞の格好をしながら『元気を出してワッショイ!』の掛け声と共に町内を練り歩きました。町内のすべての神社を回って歩きました。(各神社さんにこの1年の無事にすごせたことのお礼と報告)

町内の各役員の皆様、ご苦労様でした。天気も良く、子供たちも大喜びでした。その後、お菓子の詰め合わせを貰って帰ってきました。子供たちにしてみれば、そのお菓子がお目当てだったりして。。。

 

(獅子の中身は、我が息子)

我が家の田んぼ日記(7)   10月13日(月曜日)

昨日、我が家の田んぼのあぜ道等の草刈をしてきました。

どんどん稲穂も黄金色に輝き始めました。今週末ごろから稲刈りの作業に入れそうです。今年は台風もなく風の被害もなく倒伏せず、いい感じです。もし、稲が倒れて穂が水に浸った状態になっていると、穂からすぐに芽が出てきて商品として成り立たなくなります。今年は順調すぎるぐらいでラッキーです。

 

我が家の田んぼ日記(8)   10月20日(月曜日)

今日我が家の田んぼも稲刈りしてもらいました。といっても、昔と違って一反(約300坪ですが)あたり大型の機械で刈り取りから脱穀まで(籾の状態)同時にこなしていきます。わずか10分程です。昔なら半日ぐらいかかったものですが、文明の利器ですね。。。籾の状態のお米を乾燥機に入れて水分を調整します。昔(今でも)は、自然乾燥といい天日に干して乾燥してました。時間も労力も必要です。でも、自然にゆっくり時間をかけて乾燥させることにより、お米の甘みを引き出すように感じます。当店もいろんな栽培方法のお米を何種類も取り揃えています。今年の収穫量とお米の味が気になります。まもなく我が家の田んぼで取れた新米の『あいちのかおり』がいただけます。楽しみです。(^^)/。。。

我が家の田んぼのご飯   11月5日(水曜日)

今朝、我が家の田んぼで取れた新米の『あいちのかおり』を炊きました。炊き上がったご飯をまず、神様仏様にお供えをして手を合わせました。自然の恵みに感謝して、

合掌!

一口頬張ると、新米の香りと甘みが口全体に広がり、恵みの秋をひしひしと感じました。

至福の幸せってこんなことを言うんですかね。。。

山形県農林水産部   11月17日(月曜日)

今日、山形県農林水産部農政企画課流通対策室山形97号ブランド化戦略実施本部事務局様から弊社宛に

  【水稲新品種『山形97号』のご試食等について】

と題して、試食のアンケートを依頼されました。私も五つ星お米マイスターの資格を持っていますので、早速厳正な試食をしてみたいと思います。

今、産地間で売れるお米と売れ残るお米の差が広がってきたように感じられます。そこで、産地は売れるお米(ブランド化したお米)を作り出し最大限のアピールをして産地(県単位)の特別農産物として、販路を広めようと考えているようです。今のご時勢特色を出して他所にない商品を作り出さなければ生き残れないということでしょうか?お米で言うなら、新潟県魚沼産コシヒカリ。県で言うなら、宮崎県の東国原知事なのかも知れません。自分のお店もブランド化しなければと。。。。。

小さなことからコツコツと!

 

正月用杵つき餅注文書   11月19日(水曜日)

毎年11月に入ると、正月用の鏡餅、のし餅のご注文を頂ける様になります。とってもありがたい事です。『もう、1年経つんだね〜』と言いながら、『さはしさんのところのお餅は他所では味わえない昔ながらのお餅だからね〜』と言っていただけます。(その言葉に感激です)これも先代から変わらず杵と臼でつく餅だからです。当然、防腐剤も一切使わず、厳選された餅米だけを使用しています。

今年は、事故米等の世間を驚かせるような事柄や食の安全性を改めて追及されるような食べ物が多く出回りました。当店も毎日少しでもいいですからお客様の不安な感じをぬぐい取れるように食の安心・安全を伝えていきたいと考えています。時代が変わっても昔から伝わる物の中にも良い物もたくさんあります。昔ながらの杵つきの美味しいお餅を伝えて行きたいと思います。

小春日和   11月23日(日曜日)

今日はとても天気の良い小春日和でした。昼食後次男と三男を連れて畑に植えてある柿を取りに行ってきました。今年は、とってもたくさん柿がなっていました。子供たちがなっている柿を見て『これ、全部とるの』と驚いた顔をしていました。それほどたくさんなっています。脚立と高枝バサミを持っていったので、一つ一つ地道にその道具を使って柿を取りました。取った柿を子供たちが拾い集めるだけで汗だくでした。半分ぐらい取ったかなと思ったときに子供たちが『柿を入れる箱がなくなったよ!』と。数にして、300ぐらいかな。でもまだ、半分残っているんですよ。家に帰り、家内に見せたらビックリしてました。すぐに皮を剥いてみんなで食べたらとっ〜〜ても甘くて砂糖がまぶしてあるみたいだねと子供たちも口いっぱいに頬張っていました。小さな秋を見つけた気がしました。

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺  by 正岡子規

2008年餅つき備品調整    12月10日(水曜日)

正月用の餅つき

私の知る限りの一番昔からある我が家の石臼です。

私が生まれる前から使い続け小学校2年頃まで使っていました。その頃は、杵を若い衆が4,5人で代わる代わる交代しながらお餅を搗いていました。(今は倉庫の中でお休みです)

私が知る2代目の石臼です。この臼の上には、作り付けの杵つきの機械がありました。その杵も機械も古くなったのと、お餅を”手返し”する熟練の技を持ったベテランの方も年を取られ、引退されました。(機械も引退です。)

現在は、

  

     (ボイラー)         (せいろ(蒸篭))

  

           (全自動餅つき機)

文明の利器で電子制御できめ細かい霧のような水蒸気を作り出し、餅米を蒸しあげていきます。この蒸し加減によってお餅自体が持っている甘みを引きだせるかが決めてになります。

私は、蒸気の”目利き”の資格があるかも?f(^^)

次にせいろの中に餅米が入っています。木の香りがする昔ながらのせいろが一番ですね。

3年前に購入した全自動の餅つき機です。手返しからすべて機械がこなしてくれます。昔のように、その現場に10名ほどいたのですが、今はこの機械がこなしてくれます。機械で搗いたほうが効率良く餅が搗けるのですが、私は、昔ながらの皆でわいわい盛り上がりながらの餅つきも好きでした。

やっぱり昔ながらの杵つき餅が一番美味しいですね!

さぁ、今年も一年の感謝を込めてお餅を搗かせて頂きます。

2008年を振り返って   12月23日(火曜日)

今年も、あっと言う間に一年が過ぎ去ろうとしています。平成20年について、年頭にあたり考えた抱負について振り返ってみました。掲げた目標は(ここでは、お店・商売のことだけですが)、『CCN』という3つの頭文字を考えました。ゴロもいいですし(少し無理がありますが。。。)

最初の『C』は、"Change"のCです。とにかく自分の中の意識改革、考え方を変えようとしました。例えば、商品1つ売るにしても今までですと、折込チラシという広告媒体を使い、価格だけで品物を動かしていたような商売の仕方でした。それを、少しづつ、意識を変えてその商品のもつ特徴とかを勉強してお客様に其の商品の良さを説明・紹介・しながらの販売へと。。。そうすることにより、お客様との会話も今まで以上に増えたきがします。お客様がなにを求めて、当店にご来店いただけているのか分かり、在庫のない商品などは、お取り寄せさせていただくことができるようになれば、より、お客様のお役に立てるのではないかと感じています。

2番目の『C』は、”Challenge"のCです。『何事も失敗を恐れずに、挑戦する気持ちをもとう。そして何かを始めよう!”』でした。その何かを始めるなんですが、大きなこと小さなこと何でもよくて、だた前々からホームページでインターネット販売もしてみたいと思っていました。始める前は簡単な気持ちでいて、『そんなのすぐにできるわ!』なんて、。。。とんでもない話でした。ホームページを立ち上げるまでは、それはそれは、大変でした。友人の○○さんには、連日連夜、日付が変わるまで頑張っていただきました。また、私のホームページ立ち上げに携わっていただいた関係者の方々、本当に有難うございました。半年たった今でも毎日アタフタ・ハラハラドキドキ・ウキウキ・ワクワクしています。どなた様も当店のホームページをこれからもよろしくお願いします。

最後のは、『N』”なりふり構わず"のNです。このなりふり構わずですが、『CCN』の『CC』にも関係しています。まずは『あたって砕けろ』行動を起こしてから検証しようと言う事です。始める前から答えを求めることは止めました。たとえ失敗してもどこがいけなかったのか、どうしてそうなったのか、次につなげるようにすれば失敗したことは無にならないのでは。。。と思いながらのことでした。新しいことを始めるにあたり、誰もが成功を夢見て事を始めますが、必ず成功するという保障はどこにもないわけで、またどの時点で成功といえるのかも分からないわけで。。。前に前に進むこと、次のことつぎのことを考えながら日々精進すること、そんな思いが、Nだったのです。

平成20年も残り少なくなりましたが、皆さん最後まで楽しんでください。今年も本当に有難うございました。

平成21年も宝米本舗をよろしくお願いします。少し早いですが、年賀状を送らせていただきます。

ページトップへ